Site search

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

Site search

2014年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

Categories

Tags

仕事を忘れられる和太鼓に没頭しています

私の仕事終わりの楽しみは和太鼓サークルです。最初は趣味なんて何もなかったのですが、たまたま知り合いに誘われて見学に行ってからハマってしまいました。
練習は週に2~3回あるのですが、練習が無い日は本当に寂しいです。
和太鼓の良いところは、ピアノのように音階がないところで、小さな子どもからお年寄りまですぐに叩けるところですね。
私も見学した日に体験させてもらい、簡単なリズムならその場で覚えてみんなと一緒に叩くことができました。
そして、リズムが体に響いて気持ちがいいのも魅力です。音の高い小さな太鼓ではそこまで感じることができないのですが、大太鼓や宮太鼓という木を繰り抜いた太鼓を叩くと、音が直接体に響いて気持ちがいいです。
思いっきり叩いても大丈夫なので、力一杯叩いて仕事のストレスを発散することができます。
誰でも簡単にすぐ叩けるようになるので簡単なように見えますが、バチの角度や叩く場所によって音が微妙に違うので、上手な人は本当に澄んだ良い音色がします。
軽く叩いているように見えてすごく大きな音を出せる人もいて、そういう上手な人を見ていると奥が深いなぁ、私もどうやったらあんな音が出せるのだろうと思い、練習中は本当に太鼓のことだけを考えて没頭します。

軽い喘息を持っている私なのですが、ランニングとかをすると喘息が出てしまうときがあるので、なるべく激しい運動は避けていますが、和太鼓ではまだ一回も喘息が出たことはないですね(^^♪

気分の問題も大きいのかなって最近思っています(^◇^)楽しめてできている証拠なのかもしれないですね♪♪
サークルメンバーもいい人ばかりで、練習の後にみんなでお茶をして交流したり(練習中は太鼓の音にかき消されて会話が出来ないため、練習後に親睦をはかる)、本当に楽しいです。
仕事のことを忘れて太鼓に没頭できる時間があるのは本当に素敵な日々だと思います。

練習があるときは仕事にも気合が入って捗りますし(笑)

ガス代電気代を各3千円代で抑えています

ここ一か月くらい坐骨神経痛が悪化して家事をするのもやっとな感じでつらい毎日を過ごしています・・・どうにか坐骨神経痛が治る方法があればと時間の空いているときにネットをポチポチ。※坐骨神経痛の治し方

病院に行ってもあまりよくならず、通院しているほうがお金が掛かってしまうのでもっと安く、簡単に治ればと思っているのですが・・・なにか方法はないでしょうか・・・・

そんな私の節約方法は、賢く節約と言えば肉や魚を大量パックで買って冷凍するなどがありますが、我が家の冷蔵庫はサイズが小さく、冷凍庫は保冷剤と製氷機、カレーが入ったタッパーなどが場所を取り肉などを入れるスペースがあまりありません。
ならば肉の単価を下げてしまおうという作戦で、豚ロース肉を切り落とし肉に変更するなどして食費を浮かせています。
切り落とし肉は固くなりがちですが、酒に浸して保存したり重曹水に浸して保存して固くならないように工夫します。
あとは庭木や芝生への水遣りですが、水道代を減らすために米のとぎ汁、野菜を洗った時に桶にたまった水を撒いています。お風呂は夏はシャワーで済ませるのですが、それもシャワー時間を極力減らしています。
これは水の節約というよりもガス代の節約です。我が家はプロパンガスなので単価が都市ガスよりも高く、浴槽に湯を張らずにシャワーで済ませるだけでかなりの節約になります。
あとは美容院は行かずに自分でカットとカラーをしています。
あまり切らなくても済むロングストレートにして前髪だけをお洒落に斜めにカットすれば大丈夫で周囲からはお洒落な奥さんで通っています。
電気を小まめに消すなどは基本中の基本で、あとは夕食を済ませたら早めに寝てしまうのが一番節約になります。
寒い冬も布団に入ってしまえば暖房は切っても大丈夫だし、テレビも見ず部屋の電気も消して寝るので電気代は夫婦2人で3千円台です。
料理中は、蓄熱効果が高い厚い鍋を使用し味噌汁や煮物など沸騰して数分は弱火ですが、そのあとはガスを止めて余熱調理です。
鍋をバスタオルで包んでしまえばさらに余熱が続きます。
我が家はプロパンガスなのに月に3千円か4千円台で収まっています。

何回もあるのでわからないよ!

何回もあるし、一回、二回じゃないし…
みんなもそうだろうけど、人が作る世の中!ここが、キーワード!!
こここそが大事であり、そ、し、て…自分自身も社会の一員だということを思えば、自分がやっていること、そして、やろうとしていることも、他に影響を与えるだろう。

そういうことを大人になって、よく考えられるか?と、いうことだろう。僕はローン清算したこともあるからね。いわゆる自己破産っていうやつだ。毎日毎日パチンコにくるっていた時期があったので、その時にどうしようもなくなって清算するしかなくなったのだ。
ピンチ、ピンチというが、誰でもそれが起こる。
起こらないような人は人間は、たぶんあんまりいないだろう。
そして、お金持ちに限ってお金目当ての悪い人や悪い電話、盗みのメールは秒単位でやって来るのだ。
だから、お金持ちと、お金持ちじゃない人ではどっちが幸せか?ということすらも、一概には、どっちだとも言えないし、とにかく隣の畑はよく見えるのだ。
だから、ものすごいピンチなのは、むしろ、周りにいる人たちで、ただ、そこに気がついていないだけなのである。

今、中国だって、韓国だって、日本をよく思っていない。
そこには、きちんとした正当な理由がある。
だけど、日本人はぬくぬくと育っているから、途中でぶつ切りの話ばかり中途半端に噂的に聞いていて、そこで『よく、わからない』で、いつも終わるから、他の国の人から悪く思われている。

ピンチは、近いところより、大きいものから起こってもくる。そこで雇用とか、お金にまつわるいろん不測の事態はあちこちで着実に起こっている。

自己破産

2年ほど前に自己破産をしました。

当時数千万円の借金が出来てしまい、もうどうしようにも出来なくなってしまったので、仕方なく自己破産する事になったんです。

自己破産したら、世間的なイメージもよくないですし、今後ローンなどを組むことも難しくなります。

現に今は、自分が思うだけなのかもしれませんが、なんか肩の身が狭く感じてしまいます。やっぱり借金なんてしたらダメですね。